2004,6,3,

「第2回イン展 〜砂漠の薔薇、なぜ生きているの〜」開催決定!

2004年7月22日〜24日  九州芸術大学 多次元ホールロビーにて

第1回イン展は好評の内に幕を閉じた。「ファンの子達のオレらに対する想いが、3月のあのTHE LUST LIVEからまったく変わっていない、

それどころか、さらに熱くなっていた…。しかも、オレらをリアルタイムで体験していない新たなファンの子達も、

少しでも俺たちを感じたいと熱心に展示を見ていて…。やっぱり、できるだけのことはしてあげたいって思った…。」と

イン展会場に足を運んだ梶原しゃんぺ〜(18)は語った。

その後、しゃんぺ〜はBBSにてインジャパンに対する質問を受け付け、しゃんぺ〜自身が赤裸々に回答するという「INN JAPAN Q & A」を開始する。

そして、「新たなファンの子にもオレらのライブを知って欲しい。CDは残っていても、ライブは体験できないから…。」と言う想いを募らせたしゃんぺ〜は

「第2回イン展 〜砂漠の薔薇、なぜ生きているの〜」を企画。

インジャパンの伝説のライブの数々を九州芸術大の多次元ホールロビーにて垂れ流すことが決定した!

 

「梶原しゃんぺ〜第4回個展 ヘビメタメディテーション」開催決定!

2004年7月22日〜24日  九州芸術大学 多次元ホールロビーにて

「ヘビメタ体育三部作(ヘビメタ運動会、ヘビメタ国体、ヘビメタオリンピック)は完結した。次はヘビメタメディテーションだ。

実験を実験室の外から見て結果を見るだけじゃなくて、試験管を振って液体の色の変化を見るだけじゃなくて、客観的になるだけじゃなくて、

入り込むんだ!オレ達アーティストは飛べるんだから!時空を超越することだって不可能じゃない!

オレの絵がつたなくてもオレには全く関係がねぇ!あえて言わしてもらえば、そこは、見る側のイマジネーションの問題だよ!

そういうアートの最新事情をも盛り込まないアートをラディカルではない手段でオルタナティブではなく展示する。」  梶原しゃんぺ〜